スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨床試験(Clinical Trials Registry/ Excepting Malignancy- Japan 2014.03.08):日本医薬情報センター;JapicCTI(2)

2014. . 08
rinsyo2.jpg  

◆最新臨床試験/悪性腫瘍以外(Latest Clinical Trials Registry/ )Excepting Malignancy
◆試験ID/登録日(Study ID/Date of registration)
・試験名(Official scientific title of the study)(Link)
・対象疾患名(Condition)
・試験進捗状況(Recruitment status)
・実施責任組織(Organization)
・関連ID(Secondary ID)
・Official scientific title of the study(Link)

◆JapicCTI-111689 2014/02/21
肺動脈性肺高血圧症患者を対象としたBAY q 6256(iloprost)吸入療法の有効性、安全性及び薬物動態を検討する多施設共同、非無作為化、非盲検、非対照試験
・肺動脈性肺高血圧症 Hypertension, Pulmonary
・参加者募集終了-試験継続中 ongoing, but not recruiting
・バイエル薬品株式会社 Bayer
・ClinicalTrials.gov Identifier: NCT01469169
A Multi-center, Non-randomized, Open Label, Single-arm Study to Evaluate the Efficacy, Safety, and Pharmacokinetics (PK) of BAY q 6256 (Iloprost) Inhalation in Patients With Pulmonary Arterial Hypertension (PAH)

◆JapicCTI-132244 2014/02/21
通年性アレルギー性鼻炎患者を対象としたMK-4117の有効性及び安全性を評価するための多施設共同、無作為化、プラセボ対照、第III相二重盲検試験
・通年性アレルギー性鼻炎 Perennial Allergic Rhinitis
・試験終了 completed
・MSD株式会社 Merck Sharp & Dohme Corp
・ClinicalTrials.gov Identifier: NCT01918033
A Phase III, Multi-Center, Randomized, Parallel-Group, Placebo-Controlled and Double- Blind Trial to Study the Efficacy and Safety of MK-4117 in Japanese Subjects With Perennial Allergic Rhinitis

◆JapicCTI-111453 2014/02/20
推奨される既存治療によってもコントロール不十分なアレルギー性の日本人小児気管支喘息患者(6~15歳)を対象に,オマリズマブの長期投与の安全性,忍容性及び有効性を評価する,CIGE025B1301の継続試験
・アレルギー性喘息 Allergic asthma
・試験終了 completed
・ノバルティス ファーマ株式会社 Novartis Pharma K.K.
・-
An extension study to CIGE025B1301 to evaluate the long-term safety, tolerability and efficacy of omalizumab in Japanese children

◆JapicCTI-121746 2014/02/20
吸入ステロイドでコントロール不十分な中等症から重症持続型アレルギー性喘息患者を対象にQAW039(1~450mg経口投与)の効果をFEV1及びACQを指標に検討する多施設共同,ランダム化,プラセボ対照,用量設定試験
・喘息 Asthma
・試験終了 completed
・ノバルティスファーマ株式会社 Novartis Pharmaceuticals
・ClinicalTrials.gov Identifier: NCT01437735
A Randomized, Placebo-controlled, Dose-ranging, Multi-centre Trial of QAW039 (1-450 mg p.o.), to Investigate the Effect on FEV1 and ACQ in Patients With Moderate-to-severe, Persistent, Allergic Asthma, Inadequately Controlled With ICS Therapy
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://medicalbrand.blog135.fc2.com/tb.php/3123-dd3e6c43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。