スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新臨床試験(Japanese latest clinical trial/ Others 2013.07.01)前立腺肥大症に伴う過活動膀胱 Overactive bladder associated with benign prostatic hyperplasia

2013. . 01
rinnsyo1.jpg

◆最新臨床試験/悪性腫瘍以外(Latest Clinical Trial/ Others)
・試験ID/登録日(Study ID/Date of registration)
・試験名(Official scientific title of the study)
・Official scientific title of the study
・英語による情報(Information in English)
・対象疾患名(Condition)
・試験のフェーズ(Developmental phase)
・試験進捗状況(Recruitment status)
・目標参加者数(Target sample size)
・責任研究者名(Name of lead principal investigator)
・試験問い合わせ窓口(Public contact)
・実施責任組織(Organization)
・研究費提供組織・区分(Funding Source/Category of Org)
・試験結果の公開状況(Publication of results)

UMIN000010296 2013/07/01
・前立腺肥大症に伴う過活動膀胱に対するフェソテロジンの客観的評価試験
・Objective assessment of fesoterodine for overactive bladder with benign prostatic hyperplasia
Information in English
・前立腺肥大症に伴う過活動膀胱 Overactive bladder associated with benign prostatic hyperplasia
・該当せず/Not applicable
・開始前/Preinitiation
・40
・吉村 耕治 Koji Yoshimura
・京都大学大学院医学研究科泌尿器科 Dept. of Urology, Kyoto University Graduate School of Medicine
・京都大学大学院医学研究科泌尿器科 Dept. of Urology, Kyoto University Graduate School of Medicine
・委任経理金 Donation money for research
・未公表/Unpublished

※2013/07/01より試験結果の公開状況について掲載を致します
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://medicalbrand.blog135.fc2.com/tb.php/2322-49f8da6b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。