スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新臨床試験(Japanese latest clinical trial 2012.09.13)持続性アルブミン尿を呈する糖尿病患者 Diabetic patients with persistent albuminuria

2012. . 14
rinnsyo1.jpg

◆最新臨床試験/悪性腫瘍以外(Latest Clinical Trial/ Other than Malignancy)
・試験ID/登録日(Study ID/Date of registration)
・試験名 Official scientific title of the study
・Official scientific title of the study
・英語URL(English)
・対象疾患名(Condition)
・試験のフェーズ(Developmental phase)
・試験進捗状況(Recruitment status)
・目標参加者数(Target sample size)
・責任研究者名(Name of lead principal investigator)
・試験問い合わせ窓口(Public contact)
・実施責任組織(Organization)
・研究費提供組織・区分(Funding Source/Category of Org)

UMIN000008914 2012/09/13
・RA系抑制薬で治療中の糖尿病性腎症患者に対するスピロノラクトンとトリクロルメチアジドのアルブミン尿減少効果の比較
・Comparison of spironolactone and trichlormethiazide as add-on therapy to renin-angiotensin blockade for reduction of albuminuria in diabetic patients
EnglishURL
・持続性アルブミン尿を呈する糖尿病患者 Diabetic patients with persistent albuminuria
・-
・試験終了/Completed
・40
・馬場園 哲也 Tetsuya Babazono
・東京女子医科大学 Tokyo Women's Medial University School of Medicine
・東京女子医科大学糖尿病センタ- Diabetes Center, Tokyo Women's Medial University School of Medicine
・自己調達/Self funding

最新臨床試験/悪性腫瘍(Japanese Latest Clinical Trial/ Malignancy)
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://medicalbrand.blog135.fc2.com/tb.php/2265-4f04b8e5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。