スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再生医療ニュース (News of Regenerative Medicine /Japan)(11/23/2014~11/29)

2014. . 30
iPS08.jpg

<News Release>
【iPS cells】【DMD】堀田秋津助教、iPS細胞を使った遺伝子修復に成功:デュシェンヌ型筋ジストロフィーの変異遺伝子を修復 (11/27/2014 iCeMS)
Precise Correction of the Dystrophin Gene in Duchenne Muscular Dystrophy Patient Induced Pluripotent Stem Cells by TALEN and CRISPR-Cas9 (11/26/2014 Stem Cell Reports)

【adult kidney tissue stem cells】成体腎臓からの幹細胞を用いて試験管内で腎臓構造の再現に世界で初めて成功 (11/24/2014 岡山大学 OKAYAMA UNIV.)
⇒ 大人のラットから採取した腎臓幹細胞を使用してECMゲル2)で満たしたトランスウェル3)内で三次元培養を行い、三次元構造を持った腎臓構造体の作製に成功しました(図1、2:nephrin, synaptopodin~糸球体のみに発現する蛋白、DAPI~細胞核)。腎臓構造体は本物の腎臓の構造の最小構成単位であるネフロン構造を有しており、機能も一部確認。
Single adult kidney stem/progenitor cells reconstitute 3-dimensional nephron structures in vitro  Shinji Kitamura, Hiroyuki Sakurai, Hirofumi Makino. STEM CELLS in Press.

【Smart Cell Processing】再生医療分野へ本格参入 半導体クリーン搬送技術を応用 (11/21/2014 シンフォニアテクノロジー:SINFONIA TECHNOLOGY)
⇒ 東京エレクトロン社と共同研究プロジェクト『スマート・セル・プロセシング』に参画、臨床レベルの品質をもった幹細胞の自動培養・検査プロセスの確立を目指しています。今後の細胞治療の実用化に向けた研究が進むにつれ、培養作業の自動化の必要性が高まっています。また、培養工程や検査工程を自動化することで、人手を介さず安全で品質のバラツキの無い細胞を生産することが可能となります。細胞培養作業の工程では、細菌やウイルスなどの微生物によるコンタミネーション(汚染)があってはならず、全ての微生物を殺して無菌性を保証する「滅菌」が重要なファクターとなります。
シンフォニア、再生医療分野に進出-細胞培養自動化プロ参画 (11/26/2014 日刊工業新聞)

【artificial bone】【Capital tie-up】ORTHOREBIRTH 株式会社との資本業務提携及び第三者割当の引受けに関するお知らせ (11/10/2014 ジーンテクノサイエンス:GENE TECHNO SCIENCE)pdf

<News>
【political measures】【embryonic stem cell】「ヒトES細胞の樹立に関する指針」及び「ヒトES細胞の分配及び使用に関する指針」の制定について (11/25/2014 文部科学省:Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology)

【epiprofin】皮膚、毛などの増殖や分化 同一遺伝子関与 東北大大学院歯学研究科中村卓史准教授/福本敏教授 (11/25/2014 河北新報)

【political measures】【new law】再生医療:「安全性確保法」「医薬品医療機器法」が施行 (11/25/2014 毎日新聞)
スポンサーサイト

再生医療ニュース (News of Regenerative Medicine /Japan)(11/16/2014~11/22)

2014. . 24
iPS08.jpg
再生医療ニュース (News of Regenerative Medicine /Japan)(11/16/2014~11/22)

<News Release>
【Current Tissue Engineering】新しい局面を迎えた再生医療技術。 デパックシステムによる『細胞死の制御』を学術的に立証 サンテツ技研;SANTETSU ENGINEERING (11/18/2014 VFリリース)
株式会社サンテツ技研(SANTETSU ENGINEERING:神戸市中央区、代表:五代友行)と共同開発を行っている福岡大学小玉正太氏は、高圧静電誘導が細胞の死を安定的に制御出来ることを遺伝子によって明らかにし、その成果を2014年10月16日発行の米国 CurrentTissue Engineering 誌に発表いたしました。
【Current Tissue Engineering】An Extremely Weak Electric Current System Induces Anti-Apoptotic Effects and Anti-Necrotic Effects in Living Cells

【iPS cells】【CREDIT SAISON】クレディセゾンの「永久不滅ポイント」で京都大学「iPS細胞研究所」へ寄付いただけます ~ iPS細胞研究所を支援しよう!~ (11/17/2014 クレディセゾン)
⇒ 「iPS細胞研究基金」は、iPS細胞研究所にて実施している研究の成果を一日でも早く多くの患者様のもとに届けるための基金です。iPS細胞は、iPS細胞技術よる目の細胞の移植手術の実施、軟骨の疾患に効く薬の候補物質の探索など、目覚しい研究成果に世界中から関心が寄せられていますが、世界最高レベルの研究を進めていくためには、生命倫理に関わる問題や、知的財産権の確保と維持、企業の橋渡しなど、多角的な方向から研究活動を支える人材が必要です。しかし現状は、必要な人材に対し、長期的に安定したポストを十分に与えられておらず、この状況を改善し、より高度な研究を推進していくことが求められています。

このような状況を改善し、一日でも早く、研究の成果を多くの患者様に届けることを願い、また、「人類の未来を変える」「再生医療の切り札」といわれるほど大きな期待を担うiPS細胞に強く共鳴し、その活動を当社カード会員様へも広く告知し理解を得ることを目的とし、「iPS細胞研究基金」への支援活動を行ってまいります。

「iPS細胞研究基金」 (website)

【RIKEN】【reorganization】多細胞システム形成研究センターの発足について (11/14 2014 理化学研究所 RIKEN)
【RIKEN】【reorganization】理研CDBが組織改編、研究室半減 英語名変更せず、小保方氏は「研究員」に (11/17/2014 m3.com)

<News>
【biomaterial】【fujifilm】【RCP:recombinant peptide】富士フイルム、再生医療向け細胞培養材料 12月発売 (11/21/2014 日本経済新聞電子版)
⇒ 参考資料・関連情報 (reference materials & related information)
再生医療用のリコンビナントペプチドを用いた、厚さ1mmを超える大きな細胞集合体に血管を形成することに世界で初めて成功 (06/11/2012 News Release:富士フイルム fujifilm)
リコンビナントペプチド(RCP) (富士フイルム fujifilm)

【hair follicle】【Osaka City University】再生医療で発毛促進 大阪市立大大学・鶴田教授グループが研究開始 (11/21/2014 大阪日日新聞)

【vocal fold scar】声帯損傷(声帯瘢痕)に再生医療 京都大学平野滋講師、治験を開始5年後の実用化を目指す(11/19/2014 日本経済新聞電子版)
【Clinical Trials】UMIN000015337:声帯瘢痕患者に対するKP-100LI の声帯内投与に関する第I/II 相試験-医師主導治験 (Treatment of vocal fold scar with KP-100LI: phase I/II clinical trial)

【political measures】政府 再生医療拠点に約35億円‐医療研究調整費の配分決定 (11/19/2014 薬事日報)

【iPS cells】【Myocardial cell transplantation】イナリサーチ iPS由来の心筋細胞移植へ‐MHC統御カニクイザルで (11/18/2014 薬事日報)

【cell culture】J-TEC(ジャパン・ティッシュエンジニアリング) 細胞培養に関するコンサルティング、受託事業を実施へ (11/17/2014 ミクスOnline)

再生医療ニュース (News of Regenerative Medicine /Japan)(11/01/2014~11/15)

2014. . 17
iPS08.jpg

<News Release>
◆【iPS cells】【Bio 3D printer】iPS細胞等を用いた立体組織・臓器の開発に着手 ―骨や血管、心臓などをバイオ3Dプリンタや細胞シート積層技術で製造へ― (11/07/2014 NEDO:新エネルギー・産業技術総合開発機構)
⇒ NEDOは、バイオ3Dプリンタや細胞シート積層技術などの立体造形技術を用いて、iPS細胞などから骨や血管、心臓などの立体組織・臓器を製造する技術開発に着手します。これまで、再生医療の技術開発では、iPS細胞等の培養や分化誘導など再生医療に用いる細胞をいかに効率良く調製するかについての技術開発が精力的に行われてきました。本プロジェクトでは、これらの細胞を用いて、バイオ3Dプリンタや細胞シート積層技術などによる立体組織・臓器を製造する新たな技術開発段階へステップアップさせ、再生医療製品の実用化に向けての重要な一歩を踏み出します。
NEDO、iPS細胞から骨や心臓を製造する技術の開発に着手 NEDO:新エネルギー・産業技術総合開発機構 (11/10/2014 マイナビニュース)

◆【iPS cells】【gacco】オンライン講義「よくわかる!iPS細胞」 プロモーションビデオ公開 (10/28/2014 CiRA;サイラ)
⇒ CiRAは2015年1月にオンライン講義サービス「gacco(ガッコ)」において、『よくわかる!iPS細胞』と題して、iPS細胞に関する基礎をお伝えする講座を開講する予定です。本日、そのプロモーションビデオが公開されました。本講座は、CiRA国際広報室のサイエンスコミュニケーターが講師となり、iPS細胞についてわかりやすくお伝えしています。講座の要所では山中伸弥所長からのメッセージもご覧いただけます。是非、ご参加下さい。
※ga019: よくわかる!iPS細胞 
京都大学iPS細胞研究所「よくわかる!iPS細胞」講座PV ~ gacco:無料で学べる大学講座 (10/27/2014 YouTube 2:24)



◆【Skeletal myoblast sheet】テルモ、骨格筋芽細胞シートの製造販売承認を申請:日本発、世界初の心筋再生医療の実用化へ向けて (10/31/2014 テルモ)
⇒ 患者さんの大腿部より筋肉組織を採取し、組織内に含まれる骨格筋芽細胞を体外で培養してシート状にします。それを傷んだ心筋の表面に貼ることで、重症心不全の病態改善が期待できます。この細胞は患者さん自身から採取するため、拒絶反応がないことが特徴として挙げられます。

<News>
◆【iPS cells】【Progeria】早老症患者からiPS作製 新薬や再生医療に活用へ (11/13/2014 中日新聞)

◆【iPS cells】【Cardiomyocyte】iPS細胞研究、サル使い本格化 信州大学バイオメディカル研究所/イナリサーチ (11/13/2014 信濃毎日新聞)

◆【Cartilage regeneration】ニッポン病院の実力 東海大学医学部付属病院・整形外科 最先端の軟骨再生研究 (11/12/2014 夕刊フジ・zakzak)

◆【political measures】中医協(中央社会保険医療協議会) 再生医療等製品、条件・期限付き承認でも保険適用 (11/10/2014 薬事日報)
中央社会保険医療協議会は5日の総会で、再生医療等製品について「条件・期限付き承認」の段階でも保険適用することを了承した。個別製品の特性に応じて
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。