スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨床試験(latest clinical trial in Japan 2013.07.30)緑内障 Glaucoma

2013. . 31
rinnsyo1.jpg 

◆最新臨床試験/悪性腫瘍以外(Latest Clinical Trial/ Others)
・試験ID/登録日(Study ID/Date of registration)
・試験名(Official scientific title of the study)
・Official scientific title of the study
・英語による情報(Information in English)
・対象疾患名(Condition)
・試験のフェーズ(Developmental phase)
・試験進捗状況(Recruitment status)
・目標参加者数(Target sample size)
・責任研究者名(Name of lead principal investigator)
・試験問い合わせ窓口(Public contact)
・実施責任組織(Organization)
・研究費提供組織・区分(Funding Source/Category of Org)
・試験結果の公開状況(Publication of results)

UMIN000011320 2013/07/30
・眼圧15mmHg以下の正常眼圧緑内障患者に対するラタノプロストとウノプロストンの治療効果の比較検討
・Comparison of curative effect of latanoprost and unoprostone in patients with nomal tension glaucoma (IOP<=15mmHg)
Information in English
・緑内障 Glaucoma
・該当せず/Not applicable
・一般募集中/Open public recruiting
・100
・杉山 和久 Kazuhisa Sugiyama
・金沢大学 眼科 Department of Ophthalmology, Kanazawa University
・金沢大学 眼科 Department of Ophthalmology, Kanazawa University
・ファイザー株式会社 Pfizer Inc
・未公表/Unpublished

最新がん臨床試験(Japanese latest clinical trial/ Malignancy)はこちら
※2013/07/01より試験結果の公開状況について掲載を致します

∞管理者メモ(Administrator Memorandum)
◆共同実施組織 (Name of secondary sponsor(s))
福井済生会病院 眼科 Fukui Saiseikai Hospital / Ophthalmology
スポンサーサイト

臨床試験(latest clinical trial in Japan 2013.07.30)緑内障 Glaucoma

2013. . 31
rinnsyo1.jpg 

◆最新臨床試験/悪性腫瘍以外(Latest Clinical Trial/ Others)
・試験ID/登録日(Study ID/Date of registration)
・試験名(Official scientific title of the study)
・Official scientific title of the study
・英語による情報(Information in English)
・対象疾患名(Condition)
・試験のフェーズ(Developmental phase)
・試験進捗状況(Recruitment status)
・目標参加者数(Target sample size)
・責任研究者名(Name of lead principal investigator)
・試験問い合わせ窓口(Public contact)
・実施責任組織(Organization)
・研究費提供組織・区分(Funding Source/Category of Org)
・試験結果の公開状況(Publication of results)

UMIN000011319 2013/07/30
・原発開放隅角緑内障におけるタフルプロスト点眼液及びタフルプロスト点眼液とブナゾシン点眼液併用時の眼血流動態、眼圧下降作用の検討
・Examination of ocular blood flow and reduction of intraocular pressure, comparing Tafuluprost and Tafuruprost Bunazosin with primary open angle Glaucoma
Information in English
・緑内障 Glaucoma
・該当せず/Not applicable
・開始前/Preinitiation
・12
・杉山 和久 Kazuhisa Sugiyama
・金沢大学 眼科 Department of Ophthalmology, Kanazawa University
・金沢大学 眼科 Department of Ophthalmology, Kanazawa University
・自己調達/Self funding
・未公表/Unpublished

最新がん臨床試験(Japanese latest clinical trial/ Malignancy)はこちら
※2013/07/01より試験結果の公開状況について掲載を致します

臨床試験(latest clinical trial in Japan 2013.07.30)デング熱 Dengue fever

2013. . 31
rinnsyo1.jpg 

◆最新臨床試験/悪性腫瘍以外(Latest Clinical Trial/ Others)
・試験ID/登録日(Study ID/Date of registration)
・試験名(Official scientific title of the study)
・Official scientific title of the study
・英語による情報(Information in English)
・対象疾患名(Condition)
・試験のフェーズ(Developmental phase)
・試験進捗状況(Recruitment status)
・目標参加者数(Target sample size)
・責任研究者名(Name of lead principal investigator)
・試験問い合わせ窓口(Public contact)
・実施責任組織(Organization)
・研究費提供組織・区分(Funding Source/Category of Org)
・試験結果の公開状況(Publication of results)

UMIN000011314 2013/07/30
・デング熱迅速診断検査試薬の臨床性能試験
・Clinical evaluation of three rapid immunochromatographic tests for the diagnosis of dengue virus infection
Information in English
・デング熱 Dengue fever
・該当せず/Not applicable
・一般募集中/Open public recruiting
・150
・加藤 康幸 Yasuyuki Kato
・国立国際医療研究センター National Center for Global Health and Medicine
・国立国際医療研究センター National Center for Global Health and Medicine
・厚生労働省 Ministry of Health, Labour, and Welfare
・中間解析等の途中公開/partially published

最新がん臨床試験(Japanese latest clinical trial/ Malignancy)はこちら
※2013/07/01より試験結果の公開状況について掲載を致します

∞管理者メモ(Administrator Memorandum)
◆共同実施組織 (Name of secondary sponsor(s))
国立感染症研究所 National Institute of Infectious Diseases
◆試験実施施設名称 (Institutions)
国立国際医療研究センター病院(東京都)、がん・感染症センター都立駒込病院(東京都)、都立墨東病院(東京都)

臨床試験(latest clinical trial in Japan 2013.07.30)健常成人 health participants

2013. . 31
rinnsyo1.jpg 

◆最新臨床試験/悪性腫瘍以外(Latest Clinical Trial/ Others)
・試験ID/登録日(Study ID/Date of registration)
・試験名(Official scientific title of the study)
・Official scientific title of the study
・英語による情報(Information in English)
・対象疾患名(Condition)
・試験のフェーズ(Developmental phase)
・試験進捗状況(Recruitment status)
・目標参加者数(Target sample size)
・責任研究者名(Name of lead principal investigator)
・試験問い合わせ窓口(Public contact)
・実施責任組織(Organization)
・研究費提供組織・区分(Funding Source/Category of Org)
・試験結果の公開状況(Publication of results)

UMIN000011311 2013/07/30
・正常人における自動動的視野測定の学習効果と再現性
・The learning effect and repeatability of automated kinetic perimetry in healthy participants
Information in English
・健常成人 health participants
・-
・試験終了/Completed
・40
・平澤 一法 Kazunori Hirasawa
・北里大学大学院医療系研究科 Graduate school of medical science, Kitasato University
・北里大学大学院医療系研究科 Graduate school of medical science, Kitasato University
・自己調達/Self funding
・中間解析等の途中公開/partially published

最新がん臨床試験(Japanese latest clinical trial/ Malignancy)はこちら
※2013/07/01より試験結果の公開状況について掲載を致します

臨床試験(latest clinical trial in Japan 2013.07.30)網膜静脈閉塞症 Retinal vein occlusion

2013. . 30
rinnsyo1.jpg 

◆最新臨床試験/悪性腫瘍以外(Latest Clinical Trial/ Others)
・試験ID/登録日(Study ID/Date of registration)
・試験名(Official scientific title of the study)
・Official scientific title of the study
・英語による情報(Information in English)
・対象疾患名(Condition)
・試験のフェーズ(Developmental phase)
・試験進捗状況(Recruitment status)
・目標参加者数(Target sample size)
・責任研究者名(Name of lead principal investigator)
・試験問い合わせ窓口(Public contact)
・実施責任組織(Organization)
・研究費提供組織・区分(Funding Source/Category of Org)
・試験結果の公開状況(Publication of results)

UMIN000011310 2013/07/30
・網膜静脈閉塞症に対するアバスチン硝子体内注射前後の黄斑浮腫体積と網膜感度の相関
・Correlation between macular edema volume and visual sensitivity before and after intravitreal bevacizumab for retinal vein occlusion
Information in English
・網膜静脈閉塞症 Retinal vein occlusion
・-
・一般募集中/Open public recruiting
・30
・永里 大祐 Daisuke Nagasato
・ツカザキ病院 Tsukazaki hospital
・ツカザキ病院 Tsukazaki hospital
・自己調達/Self funding
・未公表/Unpublished

最新がん臨床試験(Japanese latest clinical trial/ Malignancy)はこちら
※2013/07/01より試験結果の公開状況について掲載を致します
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。