スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の先端治療「重粒子線治療(9)FUKUI PREFECTURAL HOSPITAL」

2011. . 07
fukuikenritu-yousisen2.gif
keyword→Proton Therapy

◆日本の先端治療施設
「重粒子線治療(9)FUKUI PREFECTURAL HOSPITAL」

・2011年3月7日治療開始
・福井県立病院陽子線がん治療センター
・〒910-8526 福井県福井市四ツ井2丁目8-1
 (Yotsui2-8-1 Fukui-shi, Fukui Prefecture 910-8526)
・TEL : 0776-57-2980 FAX:0776-57-2988  地図(MAP)
・E-mail:youshisen@pref.fukui.lg.jp
・最寄り駅(nearest station)
 JR福井駅から車で約5分、バスで約10分
・相談専用ダイヤル(0776・57・2981)

・陽子線がん治療センターは、3月7日(月)より治療を開始いたします。
・陽子線は、その物理学的な特性を利用して、目的とするがん病巣に集中して照射することができ、周囲の正常組織への照射体積や照射線量を減らすことができるので、治療成績の向上と副作用の軽減が期待できます。しかし、全てのがんを治せるわけではありません。また、陽子線を照射した部位に応じていろいろな副作用が出てくることもあります。ただ、多くの場合、1日の治療時間は20~30分程度で、痛みや辛くなることもほとんど無いので入院の必要は無く、仕事を続けながら治療することも可能です。

・陽子線治療の特徴として以下のようなものが挙げられます。
①正常組織への損傷が少なくなります
②従来のX線治療などの放射線治療と比較して、副作用が少なくなります
③放射線治療の一つであり、体の機能や形が失われることが少なくなります
④放射線の影響を受けやすい器官の近くにあるがん細胞にも照射可能です
⑤勤務しながらの通院治療も可能です

・対象疾患
1)前立腺がん
2)頭頸部腫瘍  鼻、口、のどや、その周囲の領域のがんです。ただし、喉頭がんは除きます。
3)肺がん
4)肝細胞がん
5)肺・肝臓・骨・リンパ節等に転移したがん

・費用
陽子線治療費は、公的医療保険の対象ではないため、患者のみなさまに全額ご負担いただくことになります。 1件の陽子線治療についてかかる治療費は、次のとおり陽子線を照射する回数により異なります。

(例)
前立腺がんの場合 37回-39回治療 治療費260万円
肝細胞がんの場合 20回治療 治療費240万円
肺がんの場合 10回‐22回治療 治療費240万円‐250万円(非小細胞肺がん)
※上記の治療費の他に、治療中の入院費や検査料等が別途必要となります。

Links
福井県立病院(FUKUI PREFECTURAL HOSPITAL)
陽子線がん治療センター
スポンサーサイト

日本の先端治療「重粒子線治療(8)今後開設予定の施設 」

2010. . 31
keyword→Proton Therapy,Carbon ion radiotherapy

◆日本の先端治療「重粒子線治療(8)今後開設予定の施設 」

・福井県陽子線がん治療センター(仮称)
 hukuiken1.gif
 開設予定2011年3月
 福井県 健康福祉部 地域医療課 陽子線がん治療センター準備室
 〒910-8526 福井県福井市四ツ井2丁目8-1
 (福井県立病院陽子線がん治療センター内)
 TEL 0776-57-2980   FAX 0776-57-2988  
 E-mail youshisen@pref.fukui.lg.jp
 Links
 福井県陽子線がん治療センター(仮称)
 福井県の陽子線がん治療(動画・video)

・西部医療センター中央病院(仮称)陽子線がん治療施設 
 nagoyasi1.jpg
 病院については、2011年に開設予定。
 Links
 西部医療センター中央病院(仮称)の実施設計概要
 粒子線(陽子線・炭素線)治療とは
 西部医療センター 中央病院 (仮称)

・メディポリス医学研究財団がん粒子線治療研究センター 
 ibusuki1.jpg
 開設予定2011年4月
 〒891-0304 鹿児島県指宿市東方5188番地
 患者さん相談窓口:TEL(0993)24-3456 
 その他のお問合せ:TEL(0993)23-5188 FAX(0993)24-3450
 附属医院:TEL(0993)22-1020 FAX(0993)22-1025
 Links
 メディポリス医学研究財団
 メディポリス医学研究財団附属医院
 がん粒子線治療研究センター

日本の先端治療「重粒子線治療(7)Hyogo Ion Beam Medical Center」

2010. . 30
Hyogo Ion Beam Medical Center

keyword→Proton Therapy,Carbon ion radiotherapy

◆日本の先端治療施設
日本の先端治療「重粒子線治療(7)Hyogo Ion Beam Medical Center」


・兵庫県立粒子線医療センター
(Hyogo Ion Beam Medical Center)
・〒679-5165 兵庫県たつの市新宮町光都1-2-1
 (Shingūchō Kōto1-2-1 Tatsuno, Hyogo Prefecture 679-5165)
・TEL : 0791-58-0100 FAX:0791-58-2600  地図(MAP)
・最寄り駅(nearest station)
 新幹線・山陽本線相生駅(JR Shinkansen Aioi station)
 
・使用されている粒子線装置  
 陽子線:70~230MeV/u(体内飛程30cm)
 炭素イオン線:70~320MeV/u(体内飛程20cm)
 治療室(6室7門)  
 回転ガントリー室2室、水平垂直室1室、斜め45°1室
 座位治療室1室、開発照射室
 照射野  回転ガントリー:15cm
 固定ビームライン15×15cm、10cmΦ

・兵庫県立粒子線医療センターは、2001年の開院以来、世界で唯一の
 陽子線治療と炭素イオン線治療の両方が行える施設として、3200人
 を超える患者さんを治療してきました。治療棟は、現在建設中です。
・使用されている粒子線の種類 陽子線、炭素イオン線
・陽子線・炭素イオン線治療が行われます。

・治療適応の検討を希望される方へ
 兵庫県立粒子線医療センターで行う治療は、粒子線治療に限ります。
 がんの診断のための検査や粒子線以外の診療は、主治医の先生にお
 願いして行っていただきます。すなわち、粒子線治療は今の病気に
 対して主治医の先生と共同で行う医療となることをよくご理解くだ
 さい。
 
・各部位の疾患と実績
 2009年(陽子線治療:一般診療) 404名  (2009年1月~12月)
 頭頸部、頭蓋底腫瘍 21名
 肺がん 25名
 肝がん 74名
 膵癌 48名
 前立腺がん 186名
 骨軟部腫瘍 14名
 その他 36名

 2009年(炭素線治療:一般診療) 244名  (2009年1月~12月)
 頭頸部、頭蓋底腫瘍 63名
 肺がん 38名
 肝がん 71名
 骨軟部腫瘍 26名
 その他 46名  

・費用
 先進医療が適用され、粒子線治療費(2,883,000円:1部位のがんに
 対する一連の照射費用)以外は健康保険診療の適用となります。

Links
兵庫県立粒子線医療センター
Hyogo Ion Beam Medical Center(English)

日本の先端治療「重粒子線治療(6)National cancer Center Hospital East」

2010. . 29
NCChigashi2.jpg

keyword→Proton Therapy

◆日本の先端治療施設
日本の先端治療
「重粒子線治療(6)National cancer Center Hospital East」


・国立がん研究センター東病院
(National cancer Center Hospital East)
・〒277-8577 千葉県柏市柏の葉6-5-1
 (6-5-1 Kashiwanoha Kashiwa, Chiba 277-8577)
・TEL : 04-7133-1111 FAX:04-71319960  地図(MAP)
・最寄り駅(nearest station)
 JR 柏駅(JR Kashiwa station)
 
・使用されている粒子線装置  
 重量が220トンあるサイクロトロンと呼ばれる陽子線加速器1台
 2室の回転ガントリー照射室
 1室の水平固定照射室の計3つの治療室
・医療専用陽子線治療システムとしては国内初の導入、1998年から
 臨床利 用開始(世界で2番目)、また、2001年に国内初の医療機
 器としての薬事承認及び(高度)先進医療適応の実績を持っていま
 す。
・使用されている粒子線の種類 陽子線(Proton)
・陽子線治療が行われます。

・世界最先端の陽子線照射技術
 陽子線が照射された腫瘍部分を観る(BOLPs-RGp)
 腫瘍への陽子線集中性を高める(スキャニング照射法)
 体内中の腫瘍の位置を正確に観る(ロボット制御寝台、透視装置
 との複合化)
 動きのある臓器の腫瘍へ的確に照射する(4次元的な治療計画CT)

・治療適応の検討を希望される方へ
 初めて受診される方は、病状等について記した医師の紹介状をお
 持ち下さい。また、がんと診断される根拠となった資料をお持ち
 いただくと説明が容易になり、検査の負担軽減や治療方針の決定
 などに役立ちます。
 紹介状を用意できない場合は受診をお断りすることもあります。
 予約制となっております。
 
・各部位の疾患と適応条件
 脳腫瘍(原発性のみ)、頭蓋底腫瘍(脊索腫・軟骨肉腫など)、頭
 頸部腫瘍、肺がん、肝細胞がん、転移性肝がん(単発で他の部位に
 転移がないもの)、骨軟部肉腫、前立腺がん、などが適応となります。

・分野別治療方針
 肺がん
 肝臓がん
 前立腺がん
 頭頸部領域

・費用
 本治療に要する費用は2,883,000円です。本治療は厚生労働省より先
 進医療として認可されたもので、費用は保険適応外になります。つま
 り、本治療に係る費用は患者さんご自身の負担となります。なお、本
 治療以外の保険診療はすべて通常とおりに扱われます。

Links
国立がん研究センター
国立がん研究センター東病院
陽子線治療について
National cancer Center(English)
National cancer Center Hospital East(English)

日本の先端治療「重粒子線治療(5)Southern TOHOKU Proton Therapy Center」

2010. . 28
minamitouhoku3.jpg

keyword→Proton Therapy

◆日本の先端治療施設
日本の先端治療「重粒子線治療(5)Southern TOHOKU Proton Therapy Center」


・財団法人脳神経疾患研究所附属 南東北がん陽子線治療センター
(Southern TOHOKU Proton Therapy Center)
・〒963-8052 福島県郡山市八山田7丁目172
 (172-7choume,Yatsuyamada,Koriyama,Fukushima 963-8563 JAPAN)
・TEL : 024-934-3888 FAX:024-934-5393  地図(MAP)
・最寄り駅(nearest station)
 JR新幹線駅(JR Shinkansen Koriyama station)
 
・使用されている粒子線装置  
 南東北がん陽子線治療センターの陽子線装置は、静岡県のがんセ
 ンターに導入されているものをベースに設計されたものです。
 陽子線を照射する治療室は3部屋で、自由な角度から照射できる
 部屋が2つと、水平ポートという固定式の部屋が1つあります。
・使用されている粒子線の種類 陽子線(Proton)
・陽子線治療が行われます。

・各部位の疾患と適応条件
 頭頚部(鼻腔や副鼻腔、唾液腺・頭蓋底など)、肺、肝臓、前立腺、
 膀胱などの原発性がんに加え、直腸がん術後の骨盤内再発や単発
 性の転移性 腫瘍(肝転移、肺転移)など。
 陽子線の治療効果は照射した範囲内に限られます。肝がんでは12cm
 を超える場合には技術的に治療が難しくなります。
 他の臓器への複数転移、複数のリンパ節へ転移の場合は十分な治療
 効果は期待できません。

・南東北がん陽子線治療センター独自の取り組み
 舌がん、上顎洞がんに対する動注化学放射線療法は、抗がん剤治療
 と放射線治療、陽子線治療を組み合わせた治療法です。

・費用
 1.先進医療に係る費用(治療技術費)として一連の治療に対して
  288万3千円(非課税)が、患者さんの全額自己負担となります。
 2.陽子線治療費以外に係る費用、つまり通常の治療と共通する部分、
 (診察・検査・投薬・注射・入院料等)は、公的保険の適用となり、
  各健康保険制度における一部負担金を支払うことになります。

Links
南東北がん陽子線治療センター
Southern TOHOKU Proton Therapy Center(English)
南东北癌症质子放射线治疗中心(中文)
陽子線治療の流れ(動画・Movie)
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。