FC2ブログ

臨床試験(latest clinical trial in Japan 2013.08.20)糖尿病性腎症 Diabetic nephropathy

2013. . 20
rinsyo2.jpg  

◆最新臨床試験/悪性腫瘍以外(Latest Clinical Trial/ Others)
・試験ID/登録日(Study ID/Date of registration)
・試験名(Official scientific title of the study)
・Official scientific title of the study
・英語による情報(Information in English)
・対象疾患名(Condition)
・試験のフェーズ(Developmental phase)
・試験進捗状況(Recruitment status)
・目標参加者数(Target sample size)
・責任研究者名(Name of lead principal investigator)
・試験問い合わせ窓口(Public contact)
・実施責任組織(Organization)
・研究費提供組織・区分(Source of funding/Category of Org)
・試験結果の公開状況(Publication of results)

UMIN000011525 2013/08/20
・糖尿病性腎症の糖鎖プロファイリングによる新規バイオマーカーの同定
・Identification of urinary biomarkers in diabetic nephropathy by glycan profiling
Information in English
・糖尿病性腎症 Diabetic nephropathy
・該当せず/Not applicable
・参加者募集終了‐試験継続中/No longer recruiting
・800
・和田 淳 Jun Wada
・岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 腎・免疫・内分泌代謝内科学 Department of Medicine and Clinical Science, Okayama University Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences
・岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 腎・免疫・内分泌代謝内科学 Department of Medicine and Clinical Science, Okayama University Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences
・厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患等克服研究事業(腎疾患対策研究事業) Health Labor Sciences Research Grant, Japan
・未公表/Unpublished

最新がん臨床試験(Japanese latest clinical trial/ Malignancy)はこちら
※2013/08/01より JAPIC(日本医薬情報センター)登録情報、日本医師会治験促進センター登録情報を追加いたしました

臨床試験(latest clinical trial in Japan 2013.08.13)未治療の軽度糖尿病(HbA1c<7.0%)、耐糖能異常患者 untreated mild diabetic patients (HbA1c<7.0%) and impaired glucose tolearence

2013. . 13
rinsyo2.jpg  

◆最新臨床試験/悪性腫瘍以外(Latest Clinical Trial/ Others)
・試験ID/登録日(Study ID/Date of registration)
・試験名(Official scientific title of the study)
・Official scientific title of the study
・英語による情報(Information in English)
・対象疾患名(Condition)
・試験のフェーズ(Developmental phase)
・試験進捗状況(Recruitment status)
・目標参加者数(Target sample size)
・責任研究者名(Name of lead principal investigator)
・試験問い合わせ窓口(Public contact)
・実施責任組織(Organization)
・研究費提供組織・区分(Source of funding/Category of Org)
・試験結果の公開状況(Publication of results)

UMIN000011265 2013/08/13
・冠動脈疾患合併、軽度糖尿病患者、耐糖能障害患者におけるエイコサペンタエン酸の食後糖、脂質代謝異常や血管内皮機能に与える影響の評価
・Evaluation of the impact of eicosapentaenoic acid on postprandial hyperglycemia, hyperliopemia and endothelial dysfunction in mild diabetic and impaired glucose tolerance patients with coronary artery disease
Information in English
・未治療の軽度糖尿病(HbA1c<7.0%)、耐糖能異常患者 untreated mild diabetic patients (HbA1c<7.0%) and impaired glucose tolearence
・該当せず/Not applicable
・一般募集中/Open public recruiting
・80
・澤田 隆弘 Takahiro Sawada
・県立姫路循環器病センター Hyogo Brain and Heart Center
・県立姫路循環器病センター Hyogo Brain and Heart Center
・神戸大学医学部付属病院循環器内科 Division of Cardiovascular Medicine, Department of Internal Medicine, Kobe University Graduate School of Medicine
・未公表/Unpublished

最新がん臨床試験(Japanese latest clinical trial/ Malignancy)はこちら
※2013/08/01より JAPIC(日本医薬情報センター)登録情報、日本医師会治験促進センター登録情報を追加いたしました

臨床試験(latest clinical trial in Japan 2013.08.12)ステロイド性骨粗鬆症 steroid induced osteoporosis

2013. . 13
rinsyo2.jpg  

◆最新臨床試験/悪性腫瘍以外(Latest Clinical Trial/ Others)
・試験ID/登録日(Study ID/Date of registration)
・試験名(Official scientific title of the study)
・Official scientific title of the study
・英語による情報(Information in English)
・対象疾患名(Condition)
・試験のフェーズ(Developmental phase)
・試験進捗状況(Recruitment status)
・目標参加者数(Target sample size)
・責任研究者名(Name of lead principal investigator)
・試験問い合わせ窓口(Public contact)
・実施責任組織(Organization)
・研究費提供組織・区分(Source of funding/Category of Org)
・試験結果の公開状況(Publication of results)

UMIN000011461 2013/08/12
・ステロイド性骨粗鬆症に対する抗RANKLモノクローナル抗体製剤デノスマブの有効性と安全性の検討
・An open label, single institute, single arm trial of efficacy and safety of the anti-RANKL monoclonal antibody (Denosumab) for patients with steroid-induced osteoporosis
Information in English
・ステロイド性骨粗鬆症 steroid induced osteoporosis
・該当せず/Not applicable
・限定募集中/Enrolling by invitation
・130
・服部 信孝 Nobutaka Hattori
・順天堂大学医学部 Juntendo University School of Medicine
・順天堂大学 Juntendo University
・自己調達/Self funding
・未公表/Unpublished

最新がん臨床試験(Japanese latest clinical trial/ Malignancy)はこちら
※2013/08/01より JAPIC(日本医薬情報センター)登録情報、日本医師会治験促進センター登録情報を追加いたしました

臨床試験(latest clinical trial in Japan 2013.08.08)2型糖尿病 type 2 diabetes

2013. . 09
rinsyo2.jpg  

◆最新臨床試験/悪性腫瘍以外(Latest Clinical Trial/ Others)
・試験ID/登録日(Study ID/Date of registration)
・試験名(Official scientific title of the study)
・Official scientific title of the study
・英語による情報(Information in English)
・対象疾患名(Condition)
・試験のフェーズ(Developmental phase)
・試験進捗状況(Recruitment status)
・目標参加者数(Target sample size)
・責任研究者名(Name of lead principal investigator)
・試験問い合わせ窓口(Public contact)
・実施責任組織(Organization)
・研究費提供組織・区分(Source of funding/Category of Org)
・試験結果の公開状況(Publication of results)

UMIN000011420 2013/08/08
・DPP4阻害薬シタグリプチンの効果不十分な2型糖尿病患者における速効型インスリン分泌促進薬レパグリニドへの切り替えおよびシタグリプチンとの併用の血糖コントロールに対する作用および安全性の比較検討
・Add-on or switch to repaglinide for type 2 diabetes with sitagliptin: Randomized controlled open-labelled trial
Information in English
・2型糖尿病 type 2 diabetes
・-
・限定募集中/Enrolling by invitation
・40
・弘世 貴久 Takahisa Hirose MD PhD
・東邦大学医学部大学院医学研究科 Toho University Graduate School of Medicine
・東邦大学医学部大学院医学研究科 Toho University Graduate School of Medicine
・自己調達/Self funding
・未公表/Unpublished

最新がん臨床試験(Japanese latest clinical trial/ Malignancy)はこちら
※2013/08/01より JAPIC(日本医薬情報センター)登録情報、日本医師会治験促進センター登録情報を追加いたしました 

∞管理者メモ(Administrator Memorandum)
◆共同実施組織 (Name of secondary sponsor(s)) 虎の門病院 Toranomon Hospital
◆その他の研究費提供組織 (Name of secondary funder(s)) 大日本住友製薬 Dainippon Sumitomo Pharma Co., Ltd.

臨床試験(latest clinical trial in Japan 2013.08.07)閉経後骨粗鬆症 postmenopausal osteoporosis

2013. . 08
rinsyo2.jpg  

◆最新臨床試験/悪性腫瘍以外(Latest Clinical Trial/ Others)
・試験ID/登録日(Study ID/Date of registration)
・試験名(Official scientific title of the study)
・Official scientific title of the study
・英語による情報(Information in English)
・対象疾患名(Condition)
・試験のフェーズ(Developmental phase)
・試験進捗状況(Recruitment status)
・目標参加者数(Target sample size)
・責任研究者名(Name of lead principal investigator)
・試験問い合わせ窓口(Public contact)
・実施責任組織(Organization)
・研究費提供組織・区分(Source of funding/Category of Org)
・試験結果の公開状況(Publication of results)

UMIN000011412 2013/08/07
・バゼドキシフェンの適切な投与時刻を明らかにするための臨床研究
・Influence of dosing time of bazedoxifene in postmenopausal women with osteoporosis
Information in English
・閉経後骨粗鬆症 postmenopausal osteoporosis
・第Ⅳ相/Phase IV
・閉経後骨粗鬆症 postmenopausal osteoporosis
・60
・安藤 仁 Hitoshi Ando
・自治医科大学 医学部 薬理学講座 臨床薬理学部門 Division of Clinical Pharmacology,
Department of Pharmacology, School of Medicine, Jichi Medical University
・自治医科大学 医学部 薬理学講座 臨床薬理学部門 Division of Clinical Pharmacology,
Department of Pharmacology, School of Medicine, Jichi Medical University
・自己調達/Self funding
・未公表/Unpublished

最新がん臨床試験(Japanese latest clinical trial/ Malignancy)はこちら
※2013/08/01より JAPIC(日本医薬情報センター)登録情報、日本医師会治験促進センター登録情報を追加いたしました 

∞管理者メモ(Administrator Memorandum)
◆試験実施施設名称 (Institutions)
自治医科大学附属病院(栃木県)   Jichi Medical University Hospital (Tochigi)
相模原市立藤野診療所(神奈川県)  Fujino Clinic (Kanagawa) 
相模原市立千木良診療所(神奈川県) Chigira Clinic (Kanagawa) 
相模原市立青野原診療所(神奈川県) Aonohara Clinic (Kanagawa)
 HOME